家庭教師選びNAVI

家庭教師選びのポイント

家庭教師にお子さんの勉強を見てもらいたいと思ったときに、考えるのが家庭教師を選ぶ時には何をポイントに選べばいいかということではないでしょうか?学力やお子さんの伸ばしたい教科に強い家庭教師だけが、お子さんの成績をアップさせることができるわけではありません。肝心なのは、楽しく積極的に勉強に取り組む環境を作れるかだと思います。小学校受験の場合には特にこれが大事です。ここでは、家庭教師を選ぶ時のポイントについて取り上げていきたいと思います。

ポイント

実績がある

実績の無い人が授業が下手とはなりませんが、出来れば子供に教えるのはこれが初めてという家庭教師は避けたほうがいいでしょう。確率的に考えて、実績がある家庭教師の方が教えるのが上手で、コミュニケーションをとるのも上手という場合が多いです。少なくても2〜3人家庭教師をした事があって、各受験で合格させた実績のある家庭教師という条件は、入れておいた方がい良いでしょう。この場合授業料が多少、高くなってしまうので、授業料とのバランスを見て考えればいいでしょう。

生徒をよく見ている

良い家庭教師というのは、自分の受け持つ生徒の行動や性格をよく見ています。生徒の性格を知っていなくては、宿題をやってこなかった時、成績の伸び悩みの時期、やる気のあまり出ない時にお子さんに合わせたアドバイスをすることはできません。ですので、良い家庭教師は、生徒の行動や性格をよく見て知っているのです。

では、どの段階で生徒を良く見ている家庭教師かを判断するかというと、最初の面接や体験授業等で家庭教師とお子さんが接する時に、お子さんに大して積極的に話しかるかが1つの判断基準になると思います。

生徒との相性

これは最も重要なポイントになります。当然ですが、すべての家庭教師が最高の授業をするわけではなく家庭教師の中にも当たりハズレがあるのです。ですが、どの教師が優れた教師かは一概に言うことはできないのです。学校や塾の先生は、生徒数が多ので沢山の生徒にとって良い先生が人気のある先生ということになります。

しかし、家庭教師だと一対一、つまり生徒数は一人なのです。ですので、生徒と教師の相性は家庭教師を選ぶ時のとても重要なポイントの1つになります。 

ただし、相性というのは出会ってすぐに判断できるものでもないので、まずはお子さんの直感で選んで、体験授業などで数回授業を行ってもらい、お子さんに感想を聞いて判断するのがいいでしょう。 親と教師の相性は大切ですが、最優先は、もちろん子供と教師との相性です。

コミュニケーション

東大生だろうが、IQ200あろうが、人とコミュニケーションをとるのが苦手な家庭教師もけっこういます。見分けるポイントとして、まずは基本的な事ですが、挨拶などの礼儀がしっかりとして、親とも対等に学習の事など話のできる家庭教師であることです。子供は身近な人から礼儀や行動を学びますし、コミュニケーションが上手くなければ、勉強が教えられません。判断は、しばらく雑談してみたり面接で質問をしたりで見ることが出来ます。

勉強方法の確立

これは最初の面接の時に判断をします。必ず聞いておいてください。勉強の方法は確立していますか?と聞いても確立しているかどうかわかりません。どのような勉強方法で学力アップを目指すのか?などの切り出し方で聞いてみましょう。そこから話を膨らませて、受験勉強での大変な点?、その解決方法は?など、詳しく突っ込んで行ってみます。

当然、急な質問なので、ちぐはぐな答えになると思いますが、ポイントは、はきはきと答えられるかより、要領の良い勉強をしているか?ということを見極めます。勉強法の重要な要素に「要領の良さ」があります。その「要領の良さ」を子供に教えることのできる家庭教師は、理想的な家庭教師ではないでしょうか。

Favorite

プロによる安心の徹底サポート!

広島の結婚相談所

高価買取店をご紹介しています。

パネライ 買取

18年の実績で高価買取いたします。

時計の買取

ご希望に合う素敵な物件をお探しします。

水戸の不動産

ワンランク上の出会いをしませんか?

医師とお見合いをする

Last update:2014/11/13